お知らせデス。

2016-09-23 11:27:00

「ワラナヤの森とイロ・オト展〜布・絵・音楽の展覧会」を開催します!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ワラナヤの森とイロ・オト展
〜布・絵・音楽の展覧会〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


《 ワラナヤを囲む森の息吹が、音となり色となり形となる 》

お山を登って、ぽっかり現れるワラナヤカフェ。日々表情が変わる空、色とりどりの風。
優しく、ノンビリした時の流れの中で、私たちはここに生きる人や動物たちとつながる。

テキスタイル作家・椎原由紀子のオブジェ、重松日香里の色鉛筆画が、ワラナヤを囲むこの風景を彩り、ピアニスト重松壮一郎の音が、いのちあるものの調和を奏でます。
深まりゆく秋の三連休、ぜひ森の小さな展覧会に遊びに来てください。...

◎イベントのオフィシャル・サイト
http://www.livingthings.org/waranaya


────────────────────────────
開催概要
────────────────────────────

○とき
10月8日(土)- 10日(月・祝)

○会場
waranaya cafe(ワラナヤ・カフェ)
http://r.goope.jp/waranaya
(長崎県大村市東大村1-1880-72 / tel: 0957-50-2276)

○時間
展示: 11:00 - 18:00(カフェのラストオーダー17:00)
ライブ: 10月8日(土)開場18:30 開演19:00

○料金
入場無料(カフェにてオーダーをお願いします)
ライブのみ有料: 2000円(1ドリンク付き)

○展示、空間演出
椎原由紀子(テキスタイル)
重松日香里(絵)

○ライブ、音による空間演出
重松壮一郎(ピアノ)


────────────────────────────
ご予約・お問い合わせ
────────────────────────────

オンライン予約
http://www.livingthings.org/reserve


 ────────────────────────────
プログラム
────────────────────────────

■布のオブジェ、色鉛筆画による展示、空間演出
テキスタイル作家・椎原由紀子と、グラフィックデザイナー・重松日香里のコラボレーション空間。布と絵の共演。スクリーンプリントして制作された、たくさんの布オブジェが空間を舞います。細やかな粒を重ねるようにして色鉛筆で描きあげる繊細な絵が、いのちのつぶを表現します。
その他にも、布小物や洋服、カレンダーなどの展示販売もあります。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

■音による空間演出
ピアニスト/作曲家・重松壮一郎が、このイベントのためのBGM用CDを制作。ワラナヤの空間に寄り添い、溶け合うような音楽が空間を静かに演出します。

■重松壮一郎ピアノ・コンサート(10月8日のみ)
小さなピアノをワラナヤに運びこんでのコンサート。
自然派ピアニスト・重松壮一郎が、人と自然、動物たちに向けて音を紡ぎます。
夕暮れの山で、ピアノの音を通して、命あるもののつながりを感じる時間をどうぞ!


────────────────────────────
プロフィール
────────────────────────────

■椎原由紀子(テキスタイル作家 / ぬのことば主宰)
http://nunokotoba.jp/
大分県臼杵市出身。米国Savannah College of Art and Design (SCAD)卒業。スクリーンプリントの技法を使い、独自のデザインを布にプリントし、オブジェや雑貨、洋服の制作を行う。アメリカにてファイバーアートを学び、布や植物を素材に自由に表現する制作方法や幅広い視点でアートをとらえるインスタレーションに感銘を受ける。2007年5月、青山スパイラルホール「SICF8」出展。2010年、「ぬのことば」として制作を始める。大分県内で個展を開催し、合同展、イベント出展も行なう。2012年よりピアニスト重松壮一郎の音楽に感銘を受け、コラボレーションコンサートにて布オブジェを使った空間演出を行う。作品を通じて人が集い、想いを共有、共感できる場を創り出すことを追求している。

■重松日香里(グラフィック・デザイナー)
静岡県磐田市出身。奈良芸術短期大学卒業後、大阪芸術大学に編入。その後、アメリカ・カリフォルニア州のカルフォルニアカレッジ・オブ・アーツアンドクラフツに8ヶ月間の交換留学にて学ぶ。帰国後、外資系企業のデザイン・センターに勤務。退職後、徳島県徳島市に移住。デザイン事務所に勤務後、2008年よりフリーとなる。現在は長崎県佐世保市在住。一児の母。手にした人がほっこりするようなものを生み出したいと、日夜格闘中。

■重松壮一郎(ピアニスト、作曲家)
http://www.livingthings.org/
神奈川県横浜市出身。即興演奏とオリジナル曲を主体としたライブを、全国・海外にて年間150回近く行う「旅の音楽家」。アメリカ、オーストラリア、イタリア、タイでも公演。「生きとし生けるものすべてに向けた音」をテーマ にしたオリジナリティ溢れる楽曲、森に包まれるようなオーガニックな音は、ジャンルや世代を超えて、人々を魅了し続けている。被爆ピアノの演奏や、平和コンサートの企画なども行う。最新ソロアルバム「tsumugi」、原爆をテーマにした楽曲「忘れえぬ記憶」は、iTunes Music、Amazon等にて、世界配信中。2016年7月にはシンガーおきつななことともにアルバム「このほしのうた」をリリース。